赤い糸をたどって

『赤い糸をたどって』 第十六回

 ←『赤い糸をたどって』 第十五回 →『赤い糸をたどって』 第十七回
 山上のメールは以前に比べると少しは減り、一日に二回程度になった。このくらいのペースなら苦もなく続けられるというものだ。
 そこへ橋添からのメールが一通紛れ込んできた。
『今度の日曜、休みがとれたので会いませんか?』
 実を言うと、少し前に山上から「次の日曜日も会いたい」というメールをもらっていたが、まだ返事はしていなかった。
 橋添とはなかなか休日が合わないし、これを逃すと次はいつになるかもわからない。山上とは二週続けて会ったし、今週の日曜日は橋添と会うことを優先した。
 こちらで遊びに行く場所を保険として先にピックアップしておいてから、「どこか行きたいところはありますか」と尋ねてみた。なければないで、それを出せばいい。少しは勉強したのだ。
『この前、友達とスイーツ天国っていうフードテーマパークに行ったんですけど、一緒に行きませんか? とても美味しいスイーツがいっぱい食べられますよ』
 スイーツか……正直あまり興味はないが、甘いものは好きなほうだし、俺が選んだ場所で文句を言われるよりはマシだ。
 待ち合わせの詳細については、後日決めることになった。
 誘いを断った山上からは『来週の日曜なら会えますか?』と言われ、早くも次のスケジュールも決まった。なかなかハードだが、ゆっくりしている暇はない。

 小


『日曜日はどうしますか? スイーツ天国の場所はネットで検索しました。橋添さんと僕の家の位置を考えると、S駅がちょうど待ち合わせ場所にいいかなと思うんですけど、どうでしょう? スイーツなので、時間は昼以降ですよね?』 
 そんなふうにメールを送ったのは金曜日の夜だ。
 結局、その日は連絡がなかった。
 橋添からメールの返事が来ないことは、これまでにも何度かあった。そのくせ夜中にどうでもいいことを送ってきたりもする。
「メールだから時間の空いたときに返事をすればいいじゃないですか」というのが、彼女の考え方なんだろうな、きっと。あるいは所謂ジェネレーションギャップという奴なのかもしれない。若い子と結婚するつもりなら、こういうことも受け入れる必要があるな。
 そうは思っていたものの、土曜日の夜、つまり約束の前日になっても、橋添からの連絡はなかった。こちらから電話も掛けてみたが、出なかった。留守電にメッセージを残し、再び連絡を待つ形となった。
 風呂に入ったり、テレビを見たりして時間を潰していたが、どうにも落ち着かなかった。
 そうこうしているうちに午前零時を過ぎた。いよいよ当日だ。
 ドタキャンだろうか。
 もう一度メールを送ることにした。
 時刻は遅いが……と言っても、午前三時にメールをしてくる橋添の感覚からすれば、まだ宵の口くらいだろう。
『夜分遅くにゴメンなさい。明日は都合が悪くなりましたか? 連絡待っています』
 そう書きながらも、これ以上はつき合いきれないので寝ることにした。

 翌朝、目覚まして一番にケータイをチェックしてみたが、橋添から連絡があった形跡はなかった。
 もう放っておくしかないかと思ったところで、橋添からのメールが届いた。
『F駅のロータリーに午後一時。車で来て下さい』
 謝罪の言葉は一切なし。それも「車で来ていただけますか?」ではなく、「来て下さい」だ。
 俺はいつから彼女の運転手になったんだろうか。
 あまりに一方的な振る舞いに、さすがに腹が立ったが、約束していた以上行くしかない。いや、それとも、もう断ってもいいもんだろうか。しかしこんなことでキレるような器の小さい人間だとも思われたくないし……よし、とりあえず今日のところは会うことにして、今後に関してはその上で検討しよう。

 約束の時刻にF駅のロータリーに行くと、橋添はすでに待っていた。車から降りた俺の顔を見ると、笑顔で手を振った。確かにルックスに関しては言うことがない。しかし一般常識というか、もう少し他人への気遣いがあって欲しいと思う。
 橋添を車の助手席に乗せて、スイーツ天国へ向かった。F駅からは車で二十分ほどだが、電車だと乗り換えもあるため、四十分は掛かる。俺自身も始めから車で迎えに行くつもりだったので、良かったと言えば良かったのだが、やはり勝手に車と決めつけられていたのはいい気がしなかった。
「ここ最近忙しかったんですか? 連絡が取れなかったんで心配していました」
 もちろん、心配していたというのは嘘で、皮肉のつもりだった。
「ゴメンなさい。体調が悪くて……」
 ようやく謝罪の言葉が出たが、全く信じていなかった。「体調が悪い」というのは、乗り気じゃないときに使う、女の言い訳第一位だ。と、誰かに聞いた。確かに「女性の日」というのもあるし、それだけは男にはわからない。ただメールも返せないほど苦しんでいたわけではあるまいし……そう思うと、また腹が立ってきた。しかし当の本人は実にあっけらかんとしており、悪気の片鱗さえ見せずに、楽しげにおしゃべりを続けている。
 そうか。ひょっとすると、この子って天然なのかもしれない。
 そういうことにしておこう。それしかない。

 スイーツ天国は赤レンガ造りの可愛らしい一階建ての洋館で、ヨーロッパ調の庭園の中に建てられていた。両開きの木製ドアを潜ると、最初に通るのが「スイーツ歴史館」だ。その名のごとく、世界各国のスイーツの歴史を写真や図と共に文章で紹介してあるフロアだ。せっかくなので少し読んでみるかと、『デザートの始まり』と書かれた花柄の額縁に近づいたところで、橋添が俺を呼んだ。
「春見さん、お店はこっちですよ」
 彼女はすでにスイーツ歴史館の出口にいた。どうやら歴史の勉強はさせてもらえないらしい。そこまで必死になって知りたいわけではないので、橋添に従った。
「魅惑のスイーツ館」は、フロアの四方を十五軒の店が囲んでおり、中央に椅子とテーブルが並んである。有名企業のチェーン店が大半だが、老舗と呼ばれる地元の店も入っているようだ。ケーキやアイス、パフェといった若者に人気のものだけではなく、団子やようかんといった、ちょっと渋めのものまである。
 どれを食べようかと悩んでいると、またもや橋添が「春見さん、ここにしましょう」と、一方的に店を決めてきた。
 ケーキ屋だった。他の店に比べると、並んでいる人の数も多い。味に間違いはなさそうだ。特に食べたいものがあるわけでもないが、橋添と一緒に最後尾に並んだ。レジまではざっと十五人程度。
「この後の予定ってどうなっていますか?」
 ケーキの並んだショーケースに落ち着きなく視線を向けながら、橋添がそう尋ねてきた。
 正直、全く考えていない。
「いいえ、特に何も……どこか行きたいところとかあるんですか?」
「あっ、そういうわけではないんです。私のほうで別の予定があって……早く帰らないといけないんです」
「そうなんですか?」
「ゴメンなさい。わざわざそんな日を選ばなくてもって思いますよね? でもせっかく日曜日の休みが取れたし、なかなか機会がないですから」
 そうだったのか。
 橋添の気持ちが堪らなく嬉しかった。自分本位で行動は支離滅裂だが、やはりそれほど悪い子じゃない。歳を経ていろいろな経験を積んでいけば、一般常識や相手を思いやる気持ちは自然と身についてくるに違いない。ここは年上の俺が大きな器で受け止め、気長に見守ってやるべきだ。
 そうこうしているうちに、俺たちの順番が回ってきた。まず先に橋添がケーキを選び始めた。
「南国フルーツタルト一つと……あっ、春見さんもこれ食べたほうがいいですよ」
 橋添が目を細くする。まるで少女のようだ。
「美味しいんですか?」
「いいえ、私も食べるの初めてなんです。これって日曜日限定の商品で、今日を逃したら次はいつ食べるチャンスが巡ってくるかわからないですからね」
 ひょっとして橋添が言っていた「なかなか機会がない」というのは、俺と会うことではなく、タルトを食べることだったのか。
 開いた口がしばらく塞がらなかった。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 作品紹介
もくじ  3kaku_s_L.png 上手な別れ方
もくじ  3kaku_s_L.png 空と海
もくじ  3kaku_s_L.png 地球の軌跡
もくじ  3kaku_s_L.png 初夏恋慕
もくじ  3kaku_s_L.png お礼参り
もくじ  3kaku_s_L.png 遠くの隣人
もくじ  3kaku_s_L.png 道連れ
もくじ  3kaku_s_L.png 美しき幕引き
もくじ  3kaku_s_L.png 別れたら
もくじ  3kaku_s_L.png 願い集うとき
もくじ  3kaku_s_L.png 相方よ
総もくじ  3kaku_s_L.png 重要な選択
総もくじ  3kaku_s_L.png 未来(あした)が見たら
総もくじ  3kaku_s_L.png 親愛なるあなたへ
もくじ  3kaku_s_L.png 独り言(雑記)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【『赤い糸をたどって』 第十五回】へ
  • 【『赤い糸をたどって』 第十七回】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【『赤い糸をたどって』 第十五回】へ
  • 【『赤い糸をたどって』 第十七回】へ