更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 04

【  2017年03月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

▲PageTop

『赤い糸をたどって』 第八回

赤い糸をたどって

2017.03.31 (Fri)

 『春見さんにはどこか行ってみたいところがありますか?』 高崎からのメールだ。昼食後に彼女とメールをするのが、ちょっとした日課になりつつある。締まりのない顔になっていることは、自分でも容易に想像できた。「何だか最近、機嫌がいいですね」「はい、どうぞ」と、俺宛のファックスを手渡してくれながら、若槻が白い目で俺を見る。「何だよ。その目は」「だって顔がイヤらしいんだもん」「イヤらしいって……別にいいだろ。嬉...全文を読む

▲PageTop

『赤い糸をたどって』 第七回

赤い糸をたどって

2017.03.29 (Wed)

  モール内の飲食店街をぐるりとひと回りした後、高崎にどこか希望の店があったかを尋ねてみた。「私はパスタがいいです。春見さんは?」「ちょうど良かった。僕もパスタがいいなと思っていたんです」「じゃあ、決まりですね」 こんなふうにきっちりと自分の希望を話してくれると、こちらとしてもやり易い。「引っ張っていって欲しい」と「自分の意見を言わない」はイコールにはならない。「黙って俺に着いて来い」の亭主関白にし...全文を読む

▲PageTop

『赤い糸をたどって』 第六回

赤い糸をたどって

2017.03.28 (Tue)

  十一月になり、新たに申し込んだ九人のうち、一人の紹介状が届いた。手持ちの札……いや、紹介状の少ない俺にとっては有難いことだった。 封筒を開いて、中からピンク色の紙を取り出した瞬間、思わず声が出た。「カッ、カワイイ!」 白黒写真でもはっきりと美しさのわかる、髪の長い女性の顔がそこにあった。 何かの間違いかもしれないと、紹介状をじっくりと見直してみたが、受取人は確かに俺の名前になっているし、備考欄には...全文を読む

▲PageTop

『赤い糸をたどって』 第五回

赤い糸をたどって

2017.03.25 (Sat)

  十月も二十五日を過ぎた。結局、今月申し込んだ女性からの返事は沢口以外全てお断りだった。落ち込むというより、焦りの気持ちが大きくなったというほうが正しい。 沢口からは未だお断りの連絡はない。俺に対してどんな印象を持ったのかはまるでわからないが、彼女の性格を考えると、自分のほうから次のお誘いをしてくるとも思えない。 俺自身の彼女に対する印象はと言うと、正直微妙なところだ。ルックスは悪くはなかった。む...全文を読む

▲PageTop

『赤い糸をたどって』 第四回

赤い糸をたどって

2017.03.23 (Thu)

  そこへ店員がやってきて、櫛の刺さったハンバーガー二つとオニオンリングの乗ったバスケットをテーブルの上に置いた。俺にとってオニオンリングは好物の一つで、どんな店に行っても、メニューにあれば必ず注文する。玉ねぎの持つ甘さと衣の塩辛さの組み合わせが何とも言えず好きなのだ。 店員は続けて俺の前にコーラを、沢口の前にアイスティーを置いて、「ごゆっくりどうぞ」と言い残して席を離れていった。 好きな物は後に残...全文を読む

▲PageTop

『赤い糸をたどって』 第三回

赤い糸をたどって

2017.03.21 (Tue)

  約束の日を迎えた。 お見合いや紹介というわけではないので、立会人はいない。ましてやスーツなどは着て行く必要もない。しかし相手は女性だ。センスを疑われるような格好はしてはいけないし、出掛ける前はちゃんと身だしなみを確認する。 鏡の前に立ち、首を左右に振る。寝グセはなし。 顔を前に突き出し、鏡を覗き込む。目ヤニなし。鼻毛の飛び出しもなし。 上下の歯を合わせてニッと微笑む。食べカスなし。 髭の剃り残し...全文を読む

▲PageTop

『赤い糸をたどって』 第二回

赤い糸をたどって

2017.03.19 (Sun)

  俺の勤めているのは建築資材の製造や販売をしている会社で、俺自身の職務内容は営業だ。 今日の午前中は溜まっている伝票や書類の処理に費やして終わった。 昼食は大抵外食だが、今日のように事務所にいる場合は、コンビニ弁当が多い。エビフライにかじりついた瞬間、ズボンのポケットに入れたケータイが震えた。割り箸を置き、振動を続けるケータイを取り出した。ブーケトスからのお知らせメールだ。 本文は『以下の会員様よ...全文を読む

▲PageTop

『赤い糸をたどって』 第一回

赤い糸をたどって

2017.03.17 (Fri)

 『会員期間終了まで残り一年です』 色鮮やかな桜色を背景に表示されたそのメッセージを見て、思わず深い溜息が出た。僅かな崩れさえない美しいパソコンの文字は、見る者の心情によっては冷たささえ感じる。 一年前、四十万円という大金をつぎ込んで、結婚情報センター「ブーケトス」に入会した。「出会いの機会が増えるわけだし、二年もあれば、楽勝。俺に相手が見つからないのは、出会いがないからさ」 入会する前はそう思って...全文を読む

▲PageTop

『そしてハートは今一つに』

忙しい人たちへ(掌編集)

2017.03.08 (Wed)

  高校生活最後のバレンタインデーに、クラスメイトの大庭君にチョコを渡した。「ずっと好きでした」と「付き合ってください」の言葉を添えて。 彼と一言、二言、話すだけで顔が火照る私にとっては、随分勇気のいる行動だった。 そこまでして思いを告げたのには理由がある。 私は春から違う街で一人暮らしを始め、そこで大学に通うことになっていたからだ。 その前に自分の気持ちを伝えておきたかった。バレンタインデーという...全文を読む

▲PageTop

前月     2017年03月       翌月

Menu

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。