更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 01

【  2013年12月  】 

【独り言】今年一年を振り返って

独り言(雑記)

2013.12.28 (Sat)

 皆さん、こんばんは。ヒロハルです。今年も残り数日となりました。少し早いですが、一年を振り返り、この更新で締めたいと思います。今年はブログ自体は半閉鎖状態でした。笑。社長命令の資格取得のための勉強があって、自分で言うのもなんですが、久々に頑張りましたね。やっぱり働きながら勉強するって大変です。平日は帰るのが遅くて、夕食や風呂を済ませて落ちつけるのは、大体午後十一時頃……そこから勉強するのも正直なかなか...全文を読む

▲PageTop

『イヴは特別』

忙しい人たちへ(掌編集)

2013.12.23 (Mon)

 【2013年クリスマス特別企画作品】『イヴは特別』「別れよう」 随分昔のクリスマスイヴのことだ。 丸一日、二人きりの時間を過ごした恋人に、そう切り出された。何かの冗談かと思ったけど、彼の目を見ると、すぐに嘘じゃないとわかった。 当然、私のために用意されたプレゼントなんてなかったし、私から彼に送るはずだった物も、駅のゴミ箱行きになった。 どうして彼はもっと早く言ってくれなかったんだろう。イヴの日に急に別...全文を読む

▲PageTop

【独り言】作者の考えを……

独り言(雑記)

2013.12.07 (Sat)

  携帯電話が普及して、随分と時間にルーズな人間が増えた。 例えば、夜中の二時や三時でもメールなら大丈夫だろうとか、少し遅い時間に掛けたところで、固定電話と違い、本人以外には迷惑が掛からないだろうとか、そういう風潮が蔓延している。  俺は営業の仕事をしているが、客になんて番号を教えたら最後、出勤日も休日も関係なく電話してくる。緊急事態に備え、電源を切るわけにもいかないし、例えその時出られなくても、後...全文を読む

▲PageTop

『午前零時には』 後編

忙しい人たちへ(掌編集)

2013.12.03 (Tue)

 「夏山の教えてくれたほうに進んでいくと、突然、辺りが光り始めたんだ。眩しくて目を閉じた後、次に開いたときには、俺はトイレの中で廊下側を向いて立っていた」 大竹は神妙な顔つきをしていた。毛布を握る手に力が入っているようにも見える。「それで死なずに済んだってわけか」「ああ。今、思い出してもぞっとするよ。夢でも見てたんだろって、みんなには言われるけど、俺はそう思っていない」「なんでそう言いきれる?」「頭...全文を読む

▲PageTop

『午前零時には』 前編

忙しい人たちへ(掌編集)

2013.12.01 (Sun)

 「ああ、小便がしてえ」 毛布に包まった大竹が、ベッドの上で横になった姿勢のまま、微かに全身を震わせた。「早く行けよ」 そういう俺もフローリングの上に寝そべり、大竹に借りた煙草臭い毛布で、どうにか寒さを凌いでいた。彼のマンションに泊まりで遊びに来たのだが、運悪く電気ストーブが故障してしまったのだ。 その時点で帰るつもりだったのだが、「俺一人を凍死させるつもりか」と、大竹が泣きついたので、渋々残ること...全文を読む

▲PageTop

前月     2013年12月       翌月

Menu

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード